自然療法の癒し

注射器

まとめた話をする

病院の精神科や心療内科でも、アロマテラピー効果を狙ったジャスミンなどのハーブを使ったリラックスを求めています。このアロマテラピーとは、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油が植物から抽出されて、香りとしての成分がいつの間にか人体に働きます。精神的なストレスや身体のストレスに対応するくらいの成分なので、自然療法としてこれからの健康に役立つので注目されています。またアロマテラピーは日本では美容で使われるほうがイメージとして強いのですが、ヨーロッパなどの海外では医療として使われることが多いです。そのためにジャスミンを使ったリラックス方法は、手軽でいて自然療法としても安心できるのがポイントになり、精神疾患に有効だといわれています。このジャスミンの香りがどのように影響をするのかというと、まず脳に影響をしていき出にくくなっているホルモンを分泌させてくれます。モルヒネのような鎮痛作用があるエンケファリンなどを脳内麻薬として分泌させてくれることから、疲労感や精神的なことで胃痛や肩こりなどの症状を緩和することが可能です。医療機関でもすすめられるようになってきているのも、調合された薬よりも自然療法としてのアロマテラピー効果が信頼されてきているからだといえます。

仕事にやる気がでないとか幸せを感じないという状態が続いている人は、放っておくと重度のうつ病になってしまうかもしれません。早い段階で心療内科などの専門クリニックにいき、診断から治療までやっていくことが、基本的にはベストな選択となります。アロマテラピーなどを利用している専門クリニックはありますが、リラックスをしたいからジャスミンなどを購入するとなると、医療機関では売っていません。そのために購入したい場合にはアロマテラピーの専門店にいき自分で買ってくる必要がありますし、また医師からのアドバイスだと購入する際には伝えておくことです。また専門クリニックなどを訪れる場合は、前もって自分の状態がどのようになっているのかをメモしておくことが、スムーズに診断できる方法となります。準備しておきたいのは症状の気になり始めた年月日や最近の感情なども含めて話せるようにし、日常生活のことでは仕事やプライベートなども話せるとベストです。こういった話をカウンセリングでしておくことで、リラックスするためのアロマテラピーの話やジャスミンの効果などを教えてくれるかもしれません。人はそれぞれに悩みをもっていて解決するための考えはありますが、社会性を維持するためには我慢もありストレスにさらされます。