副作用がない

エステシャン

自律神経を正常にする

日本よりもヨーロッパなどではアロマテラピー効果は医療の分野で利用されていることが多く、うつ病などの治療にも使われることがあります。今では日本でもアロマテラピーが人気なのは、こういった精神的な疾患やメンタルヘルスの分野でも効果がでているからです。特にリラックスできるのはジャスミンの香りで、脳内麻薬でもある「エンファリン」や「ドーパミン」の分泌を促進することができるので効果が期待できます。こういった作用があることでは薬と違って副作用などがないことからも、自発的な活動が安心でもありますし、落ち込みから救ってくれることもあります。またアロマテラピーの効果は脳内波形が関係しているので、1/fという波の音に含まれる波形でリラックスできることも大きな理由です。ジャスミンはリラックスするには最適な香りとなっていることからも、寝る前に枕元において置いたり、部屋をリラックスできる雰囲気にすることでメンタルヘルスの役に立ちます。こういった方法としても手軽にできるところが多くの人の支持を得ており、アロマテラピーという方法にも注目が集まっていることです。気をつけたいのは常に香りを嗅ぐのではなく、精神的な疲労があったときやリラックスしたいときなどに使います。

アロマテラピーの香りであるジャスミンを使ってリラックスをする場合には、どのようなケースがあるのかを知ることで使いやすくなります。まずは仕事で疲れているときなどは脳内をエンファリンやドーパミンが作用することで、いつの間にか眠くなってきて脳から安らぎを与えることができます。またスポーツなどで疲労している場合にも効果があるのは、筋肉を弛緩させて血流をよくしてくれるので、翌日に疲労が取れていることです。またうつ病などの精神的な疾患をもっている人の場合には、夜中になっても自律神経が活動しないことで眠れなくなります。それをジャスミンの成分が心地よくしてくれてドーパミンが働くようになることで、自律神経をリラックスさせて眠りにつくことができます。さまざまな効果を期待できることからも、頭の中が整理できないくらい情報で詰まっているときにもアロマテラピーを使ってみると、いいアイデアが生まれることも少なくありません。お昼にはジャスミンティーなどをとりながら頭をリラックスさせて、帰ってからもお風呂に入りセルフマッサージでもしながらアロマテラピーをすると緊張がとれてきます。これらのことは人間の脳が作用している緊張や弛緩ですから、上手に自律神経をコントロールすることで正常に働かせることができます。